ホーム >> 改善のポイント
    桜

 日常での改善のポイント

   ◆ 血行をよくする

  

肩こりがある時は、緊張した筋肉に疲労物質が溜まりその部分の血行は悪く、酸素や栄養がうまく行き渡らない状態になっています。
よって血流改善は肩こり解消に大きなポイントになります。

 

 ◆ 温める

  

感部を温めると血管が広がり、血流が促進し老廃物が除去されやすくなります。ホットパックなどで肩周辺を温めるのもいいでしょう。日本人にとって馴染み深い温める方法はやはりお風呂です。

  

 <入浴法のポイント>

  

 ● ぬるめのお湯にゆっくりと・半身浴 

肩こりがある人は、熱めの湯にさっと浸かって出るといった入浴法ではなくぬるめの湯(38〜40度)に長く入ることが効果的です。

 

最初は首までつかりしっかり温めます。額に汗がほんのりでるまでゆっくり浸かります。ぬるめのお湯にはリラックス効果もあります。手は湯船の外に出し、みぞおちから下を湯船に浸かる半身浴も効果的です。

  

時間にして20~30分ぐらいつかると汗がほんのりでてきます。
お風呂の蓋を半分までしめて、水分補給も行いましょう。冬場は寒い時は最初、肩や首元にバスタオルを巻いて冷えないようにすると温まりが早いです。
食後すぐの長い入浴は消化を悪くしたりしますので避けて下さい。

  

 ● 温冷浴 お湯と水(ぬるま湯)を交互に

  

こりがひどい時は肩に熱めのお湯をかけその後水をかける温冷を交互する方法も効果的です。(2〜3分交互に数回します)冬場は寒いので水が冷たすぎる場合はぬるめの湯でもいいです。シャワーを使ってするのがいいでしょう。
最後は必ず温かい湯船に肩まで浸かってからあがります。

※ 持病のある方・血圧がかなり高い方・心臓が悪い方や医師に禁止されている方はこれらの入浴法は避け、指導にしたがって下さい。

.................................................................................................
 

  ◆ 姿勢に気をつける

 

肩こりと姿勢の関係は切っても切り離せません。日常的な姿勢の悪さは肩・首のこりをつくる大きな原因の一つと認識してよいでしょう。

整体で体の歪みをとったり、マッサージなどでそこをほぐしてもまたすぐ肩がこってきてしまう人は姿勢を気をつける事は改善策の大きなポントです。
また、日常習慣でも姿勢が改善されると整体やマッサージなどの効果も大きくなり悪循環を断ち切る一つのきっかけになります。

PC作業を長時間する人・携帯やTVをよく見る人同じ姿勢を長時間続けることが多い人は特に姿勢に気をつけて下さい。

  

 ● 一番多いのは肩の前方転位(猫背)

 

猫背の人は肩が内側に入り首が前傾する姿勢になっています。
人の頭の重たさは約5kgあります。前傾姿勢が多いとこの5kgを支えるために首・肩の筋肉は相当酷使され疲労します。

整体などで肩まわりの筋肉を緩め・調整するとこの前方転位が大分マシになりよい姿勢を保ちやすくなりますが、日常の悪い癖でまたしばらくするともどることがあります。デスクワークの時の姿勢・椅子や机の高さがあっているか座るときの姿勢・立っている時の姿勢・運転姿勢・デスクの照明や目の疲れ・家事をする時気がつくとすぐ体が丸くなっていないかにも注意して下さい。

  

ただ、体に歪があり肩や背中など硬くなっている場合、よい姿勢をあまりにも意識しすぎて体に力が入りかえって疲れてしまうことがあります。
体の癖は短時間でできたものではないのであせらず気長に気をつけて改善させていきましょう。

  
  
  

.....................................................................................................................
   

  ◆ 運動

   

運動は全身の機能を高め血液循環を促進させます。適度な運動はストレス解消にもなり肩こり解消法のポイントになります。

● ゆっくり・ゆったりした運動が最適
ポイントはちょっと疲れるが運動後爽快感がある・・です

  

有酸素運動など楽しみならができる運動が効果を生みます。ウォーキング・ジョギング・水泳(水中歩きも含む)・自転車・ヨガ・体操・運動は継続して効果が現れてきます。よって楽しく続けられることが第一条件です。運動する時に肩周りの筋肉を意識して動かしましょう。

 

 ● お勧めなのが呼吸法

  

運動の中でもお勧めなのが呼吸法です。
私たちが普段している呼吸は胸式呼吸といて胸で呼吸をしています。お勧めなのは腹式呼吸でお腹を使い呼吸します。 

腹式で呼吸すると胸式より呼吸が深くゆったりしたものになります。これが結構な運動になります。吐く時間を長くしゆっくり呼吸を続けるとこれだけで額に汗がじわ〜っとでてきたりします。リラックス効果も高く、ストレスや緊張からくる   肩こりには最適です。 

 
    >>腹式呼吸のページへ
   
....................................................................................................................

  ◆ 睡眠時に気をつけること 

よい睡眠は肩こりだけでなく体や心の健康にとって非常に重要です。

  

 <質のよい睡眠の為に>

 

 ● 枕は首のカーブにあった安定するものを選ぶのがポンイト

いつも朝をきると肩や首のだるさを感じ違和感を覚える場合、枕も関係しているのかもしれません。  

@ 素材より自分の首の高さにあっているか

A 仰向けだけでなく横に向いたときの具合もみる

B 購入の際、不安があるときお試しで2〜3日使用できるとBEST

 C 肩幅よりやや広めのものがよい 

D 高すぎ・低すぎる・やわらかすぎる枕は頚椎に負担をかけるのでダメ

などが簡単にあげられる条件でしょう。

あまりにも神経質になりすぎると、枕よりもかえってストレスを生みそちらの方が弊害を生むので、自分が納得できる範囲で良いものを選びましょう。 

 
● 寝る1時間前からはできるだけリラックスした環境をつくる

 

寝る間際までPCをしていたり、TVやゲームなど刺激のあるものを目に受けると交感神経が刺激され安眠の妨げになります。夜更かしや夜遅くまでPCなどは体に大きな負担となります。特に体調が悪い時や疲れている時、肩のこりなどがひどい時は夜更かしせずに早めに寝床に入り、睡眠1時間前から照明なども暗めにして安眠できる体制を整えるということも大切です。

                                            
 >>ページTOPヘ
   
  |肩こりについて肩こりの原因危険な肩こり肩こりと整体 |


 

肩こりについて


 >>ページTOPヘもどる
 

 こんな方が来院されています

肩こり・首こり・腰痛・骨盤矯正
ギックリ腰・寝違い・手足のしびれ
生理痛・月経前症候群(PMS)
産後の骨盤調整・坐骨神経痛
不眠・冷え症・膝痛・股関節痛
頭痛・顎関節症・猫背・便秘
更年期障害・自律神経失調
軽うつ症状・過敏性腸症候群
ストレスによる心身の不調
五十肩・スポーツ前後の調整
病院の検査では異常がないが
つらい症状がある方
リラクゼーションとして
日頃の体のメンテナンスとして
などなど・・・